【必見】ポルトガル リスボンからシントラ、ロカ岬へ


ポルトガルのリスボンから日帰りで周れるシントラのベーナ宮殿、ムーアの城跡、レガイラ宮殿とユーラシア大陸最西端のロカ岬を紹介します。
リスボンの旅で時間に余裕があれば是非とも訪ねてみてください。


まずリスボン、シントラ、ロカ岬の位置関係を抑えておきましょう。
シントラはリスボンから西へ約30km、深い緑の山中に宮殿や貴族の別荘が点在する美しい地です
リスボンからは中心部のロシオ駅からシントラまで直通電車が出ています。(シントラが終点)ここから出発です。
シントラへの出発駅はロシオ駅、シントラとロカ岬を巡って帰りつく駅はCais do Sodre です。
大まかな行程は、朝8時頃に列車でリスボンのロシオ駅を出てシントラ駅に到着、そこからバスでベーナ宮殿・ムーア城跡・レガイラ宮殿を周り、シントラで昼食、シントラ駅前からバスでロカ岬へ行き岬を散策後に岬からバスでカシュカイシュ駅へ。カシュカイシュ駅から列車でリスボンのカルス・ド・ソドレ駅に夜7時頃に戻ってくるというものです。
さあ!旅へ出発しましょう!

まず朝8時頃までに宿泊先から地下鉄などでロシオ駅へ行きます。

ロシオ駅

ロシオ駅には一階にスタバックスや土産物店、その上の階にコーヒーショップがあります。列車のホームやチケット売り場は最上階(3階)でコインロッカーもありますよ。

駅のホームへのエスカレータ
コインロッカー

コインロッカーは旅の最終日などで空港へ行く前に大きな荷物を預けて観光する場合などに便利ですよ。

チケット売り場

ロシオ駅最上階(3階)の列車のホームのところにチケット売り場があります。
ここでシントラ周遊パス(リスボンからの電車やシントラ地区やロカ岬のバスが自由に使える)を購入しましょう。
駅員には『Sintra Train & Bus Please』と言えば通じます。
下の写真はViva Viagenというカード(緑色の紙のカードでカード代金0.5€)にSintra-Train & Busの代金15.5€をチャージしたものを渡されます。

下のレシートはカード代が0.5€、周遊代が15.5€で合計16€になります。
チケットを購入したらホームに行きシントラ行きの電車に乗車しましょう。
シントラへは約30分おきに出発しています、シントラまでの所要は約40分です、通勤時間帯ですが通勤客とは反対の方向ですので列車は空いていますよ。

ロシオ駅

シントラまでの車窓

シントラに到着です、シントラ周辺の地図を示します。

シントラ駅
シントラ駅

駅前には喫茶店もありますのでトイレはそちらで済ましておきましょう。
下の写真はバス停です。

バス停の案内

シントラ宮殿、ベーナ宮殿、ムーア城跡へ行くには434番バス、レガイラ宮殿へ行くには435バスです。下の時刻表はシントラ駅前のものです。
(2018年5月現在)

ベーナ宮殿へ行く434番バスは9:30が始発ですが大変込み合います。早めに並んで434バスに乗車してベーナ宮殿へ向かいましょう。途中にムーアの城跡を通りますが殆どの客は降車せずにベーナ宮殿まで乗車します。

バス
ベーナ宮殿入口

バスを降りたらベーナ宮殿入口のチケット売り場で入場券を購入しましょう。クレジットカード購入OKです。
ここではベーナ宮殿の他ムーア城跡のチケットも購入することができます。
下の写真は入場券の表紙と裏面です。
ではベーナ宮殿へ行きましょう、宮殿へは入口から約500mほどの坂道を登りますが有料のバスも運行されています。ぶらぶらと森林の中を歩いて登っていくのは気持ちがいいですよ。

写真は雲に覆われている日のものです。

ベーナ宮殿内には土産物店もあります、見学後が終わったら入口まで坂道を下ります。
ベーナ宮殿を出たらムーアの城跡へ徒歩で行きます。出口を出て左側へ進み、先ほどバスで来た道を戻ります(下の地図の右下がベーナ宮殿で左側がムーア城跡の入口)

ムーア城跡入口のチケット販売所

ムーアの城跡の見学が終わったら、ムーア城跡のバス停からシントラから来る434番のバスに乗車しましょう。シントラから乗車した客はムーアで降りる人は少なく殆どの乗客がベーナ宮殿まで行くので混んでいますが乗車しましょう。次のベーナ宮殿では多くの乗客が降りますがそのまま乗車します、ベーナ宮殿のバス停ではシントラへ向かう多くの客が乗車してきます。
ベーナ宮殿を出たバスはシントラ駅へ向かいますが、次のシントラ宮殿で降りることもできますし、シントラ駅まで戻ることも出来ます。
シントラ宮殿の周囲にはレストラン、カフェ、土産物店が沢山あり賑わっていますので、ここで昼食をとる事が出来ます。

シントラ宮殿
シントラ宮殿の周囲

シントラ宮殿から徒歩か435番のバスでレガイラ宮殿へ向かいますが、この頃には昼時の時間になっていると思います。
レガイラ宮殿は17世紀に王族の別荘として建てられた館を20世紀始めにブラジルの富豪が買い取ったものでゴシック、ルネッサンスなどの様々な様式の建物があり不思議な雰囲気をかもし出しています。
世界不思議発見にも紹介されたスポットで地下へ下るラセン階段の井戸は必見です。

 

 

レガイ宮殿を堪能したら435番のバスでシントラ駅に戻ります。
シントラ駅からは403番のカシュカイス行きのバスでロカ岬を目指します。
約30分おきに運行していますがロカ岬まで約40分かかりますのでバス停で早めに並んで座席を確保してください、多くの客がロカ岬まで乗車しますので40分間の立っていることは疲れます。

バス車内

ロカ岬(カボ・ダ・ロカ)に到着です、ユーラシア大陸最西端の場所
まず、見学する前に次のバス時刻(カシュカイス行き)を確認してください
ロカ岬は風が強いので注意が必要です。
岬には土産物店兼レストランが1軒在るのみです。

 

ロカ岬では最西端に到達した記念に証明書を発行してくれますよ。(有料11€)名前と日付を古式ゆかしい文字で書き込んでろう印を押してくれます。
証明書は26cm×33cmの紙製ですので降り曲がらないようなファイルに挟んで持ち帰るようにしましょう。下の写真が証明書です。



ロカ岬からカシュカイス(リスボン行きの鉄道の始発駅がある)まで約20分ですが途中に美しい景色を見ることができます。

 

カシュカイスに到着です。19世紀に王室の避暑地になって発展、現在も海水浴客などが訪れるリゾート地です。
リスボンのカイス・ド・ソドレ行きの始発列車が約20分おきにあり、約35分でリスボンに到着します。
カシュカイスに到着時は夕方6時頃になると思います。
リスボンに戻る前に地ビールで一服するのもいいですよ!鉄道駅の横にはカフェ兼ビーアがあります。

 

さあ、リスボンへラストランです。
リスボンに到着する頃には少し暗くなっているかもしれませんね。
車窓からはべレンの塔、発見のモニュメント、4月25日橋(つり橋)が見られます。電車の進行方向右側の席を確保しましょう!

カシュカイス駅
車内
べレンの塔
発見のモニュメント
つり橋

カルス・ド・ソドレ駅に到着です。
リスボンに戻ってくる時刻は夜の7時頃になるかと思います。
午前7時すぎに宿泊先などを出発してロシオ駅から出発して約12時間の旅です、お疲れ様です。
ソドレ駅は地下鉄(グリーンライン)が乗り入れていますのでホテルなどに戻るのも便利です。

では引き続きポルトガルリスボンの旅を楽しんでくださいね!