【必見】ワルシャワからクラクフへ電車でアクセス


ワルシャワからクラクフへ電車でアクセス

ポーランドに行ったら是非とも訪問してみたいWarsawワルシャワとKrakowクラクフ。都市間の距離は約300km、特急電車で約2時間です。
両都市間のアクセス方法は電車以外にバスや飛行機があるのですが、バスは時間が電車の倍の時間を要し飛行機は本数が少ないことから電車移動をお勧めします。

電車の時刻等はーランド国鉄(PKP)のPKP INTERCITY のサイトで簡単に調べることが出来ます。サイトでの駅名の入力はWARSZAWA CENTRALNA、KRAKOW GLOWNYです。約1時間毎にEIP又はEICが運行されています。
ここでEIPとEICについて説明します。

○電車の種類
EIPはポーランド国内最速列車ペンドリーノ(Pendorino イタリア製の最新車両)でワルシャワを起点に各地を結んでおり、EICプレミアム、略してEIPで最高速度230キロ、ワルシャワとクラクフを2時間34分で移動出来ます。

EIP
EIP2等車内

EICはエキスプレスインターシティ(Express InterCity)でワルシャワとクラクフの間を2時間44分で移動出来ます。EIPと時間は殆ど変わりませんがEICは車両が古いところと運賃がEIPより少し安価です。

EIC
EIC 2等車

したがって、最新の電車で乗りたいのであればEIP(2等車運賃150PLN 約4950円)、そうでなければ安価なEIC (2等車運賃139PLN 約4600円)で良いと思います。

○切符の購入方法
海外へ旅する場合、切符の購入について少し不安ですね。したがって日本で事前にネット購入しておくという選択もありますが、乗車日時が固定されて旅行中に柔軟な予定変更が難しいというデメリットもあります。ワルシャワとクラクフ間は列車本数が多いこともあり乗車する当日や前日でも十分に指定チケットを入手することが可能と思われます。以下ワルシャワ中央駅でのチケット入手方法について説明します。

ワルシャワ中央駅外観
ワルシャワ中央駅構内図

上の写真はワルシャワ中央駅の外観と構内図です。駅の構成は2階(+1階)はマクドナルドがあり、地上階(0階)にはチケット売り場や有料トイレ、地下1階(-1階)には商店街があり少し下がったところがプラットホームです。
クラクフまでのチケットは日本で言えばJRのみどりの窓口に相当する所で購入出来ますが、チケット売り場は下図(地上階 0階)の右側の縦長の青色部です。赤丸で囲っている所は有料トイレの場所です。

チケットオフィス
チケットオフイス

切符購入には列に並びますが窓口も多いことから待時間もそんなに長くはありません。ただ窓口で行き先等を記入したメモ(英語で可)を準備して係員に見せるとスムーズで確実に購入することが出来ます。
例えば TO: Krakow  2019/01/05  13:00start  2nd class  1person
メモを見て発券してくれますので、チケットを確認してクレジットカードのpin 番号(暗証番号)を入力するだけです。
購入したチケットの例です。上の切符BILETはWarszawa Centr ワルシャワ中央駅からKrakow Gl クラクフまでで9月6日7時50分発で10時24着のEIPの4号車18番です。下の切符はクラクフからワルシャワまでの帰りのEICの切符です。
○乗車方法
ワルシャワ中央駅のプラットホームは地下1階にあります。地下1階は土産店等(下図の青及びオレンジ色部)があり、黄色部のコンコースからエスカレーター・階段で下るとプラットホームになります。(プラットホームは地下1階よりも下部、下の写真はオレンジ色のところからプラットホームを眺めたもの)

プラットホーム

プラットホームに下る前に掲示板がありますのでホームナンバーを確認しましょう。
下の掲示板では7時50分発でホームは3番線です。

案内板

ホームでは列車編成の案内がありますので乗車する車両の位置が容易に分かります。

列車編成案内

さあ、電車が入線しましたので乗車しましょう。トランク等の大きな荷物がある場合は各車両の入口付近のデッキに荷物置場がありますが、スペースが限られていますので乗車する際は一番前に並ぶのが良いと思われます。
EIPの車内の座席は日本の新幹線のように広くはありませんが2等車でも車内でドリンクサービスがあります。(コーヒはインスタントでお湯が入ったコップをくれます、飲み終えた紙コップやゴミは各座席の前にあるゴミ箱に捨てます)

EIP2等車

一方、EICの車両(2等車)は下の写真で、EICはEIPが新幹線のような電車
タイプに対して機関車が牽引する客車タイプです。車内サービスはEIPと
同様にdrinkサービスがあります。

EIC
EIC
EIC 2等車車内

○ワルシャワからクラクフまでの車窓
ワルシャワからクラクフまでは田園地帯を進みます。線路は単線区間もあることから列車すれ違いの為の停車もあります。

○クラクフ駅
クラクフ駅に近かづくと田園風景からビルなどの街並みに変わります。クラクフの駅は近代的でレストラン、本屋、土産店等が豊富で日本のターミナル駅に似ているように思われました。鉄道駅は東側と西側に出口があり、東側の出口を出ると隣はバスセンターでアウシュビッツ方面等への出発口です。
またクラクフ旧市街は鉄道駅の西側の出口から徒歩で行ける距離にあり、駅構内の案内が分かりやすく迷うことはないと思います。

クラクフは美しい古都でワルシャワからも日帰り観光が十分に楽しめますので是非とも訪れてください!

クラクフ駅構内
クラクフ駅構内 ショッピング
クラクフ駅構内 ショッピング
クラクフ駅 西側 旧市街側の駅舎
クラクフ駅 西側 ショッピング街入口
クラクフ駅 東側 バスターミナル側

○クラクフ旧市街の写真

旧クラクフ駅舎
クラクフ城
クラクフ旧市街
クラクフ旧市街

思い出に残るポーランドの楽しい旅を!