ミュンヘンの風景


ミュンヘンの風景

ミュンヘンはドイツ南部のバイエルン州の州都、ベルリン、ハンブルグに次ぐ第3の大都市であるが、のどかな雰囲気の街並み。

ミュンヘン空港から市内の中心部まではSバーンという列車で約40~50分で到着。
ミュンヘンの中心部のマリエン広場Marienplatzからミュンヘン中央駅Hauptbahnhofまでを散歩してみた。

ミュンヘンへ

ミュンヘン空港到着
ターミナルを出ると広場があり地下にSバーンの駅

空港からミュンヘンの中心部へのSバーン(日本のJRの普通列車に相当)の路線は
S-1線とS-8線の2つ

路線図
Sバーン

空港からSバーンでマリエン広場へ
地上に出ると素晴らしい景色、新庁舎neues Rathausの建物に目を奪われる。

新庁舎
新庁舎

ベーター教会

 

聖霊教会 14世紀頃建設

聖霊教会内部

ベーター教会 ミュンヘン教区教会の中では一番古く12世紀
塔の高さは92m、狭い階段を譲り合いながら294段を上がらなくてはならず、かなりしんどいが、眺めは最高!

聖霊教会とペーター教会の塔

バーター教会の塔からのミュンヘンの眺め

ベータ教会の塔から見たフラウエン教会

ノイハアウザー通り
新市庁舎
塔に上がる狭い階段

マリエン広場とカールス門との中間にあるミヒャエル教会
反宗教改革のシンボルとして1583~1597年に建てられた。

ルネッサンス様式

ノイハウザー通り

カールス門

ミュンヘン ネプチューン噴水

ミュンヘン中央駅 正面


中央駅からもSバーンで空港へ行くことが出来ます。