【必見】クロアチア ドゥブロヴニク空港から旧市街への行き方(市内へバス)


 
アドリア海とその古い街並みが美しく『アドレア海の真珠』と呼ばれるクロアチアのドゥブロヴニク
位置図(ここをクリック)して地図を拡大して見てください。ドゥブロヴニクはクロアチアの南端、モンテネグロに近いところに位置しています。

  中世より海洋交易の要衝として栄えた都市、世界遺産
オレンジ色で統一された屋根が並ぶ旧市街は高く重厚な城壁に囲われており絵になる風景
1991年のユーゴスラヴィア紛争の悲劇にも見舞われたが現在は紛争の傷跡はほとんど見られない
世界中から訪れる人々を魅了する歴史ある光景
ドゥブロヴニクの風景はこちらをクリック

アドレア海 旧市街 old city

 

クロアチア航空

空港到着

 空港からドゥブロヴニク旧市街までの行き方

空港に到着したらバス乗り場へ直行しましょう。空港からドゥブロヴニク旧市街まで24kmの道のりです。

アクセスはシャトルバスが便利ですが飛行機の到着時間に合わせた運行である為本数は多くないです。空港でクーナへの両替をしていたらバスを逃す可能性があるのでバス乗り場へ急ぎましょう。旧市街に行けばいたる所にATMがありますのでご安心を、バスチケットはユーロ€で購入出来ます。

バスチケット売り場、バスでもチケットを買うことが出来ます
バスチケット(return ticket 往復)

バスに乗車します、私は乗車時に行き先を告げて切符を運転手から購入しました。

シャトルバス

アトラスバスのHP (ここをクリックしてください)にはバスの乗り方等が載っています。
 以下はHPから内容の主な点を抜粋しました。

荷物受取り出口の右側にアトラスとラベルのカウウンターがありDubrovnik行きのシャトルバスチケットが購入できる。運転者からも直接購入できる
 運賃は往復10€または70Kn、片道6€または40Kn
シャトルバスはフライトに合わせて運行、到着ロビー外側の右手 空港からドゥブロヴニクへは旧市街のピレ門バス停に止まりグルージュのバスステーションが終点
空港行きは国際便出発120分前、国内便出発90分前にバスステーションを出発 2日前にバス時刻をチェック 空港へはダウンタウンと旧市街(ケーブル)の2箇所に停車

 

空港からドゥブロヴニクへ 山間の道路を通って美しいアドレア海を見ながら進みます

  空港からドウブロヴニクへは約30分で旧市街地(old city)のピレ門のバス停に着きます。ここは城壁がある旧市街の入り口であり、市内バスの乗り換えも出来ることから殆どの観光客が降車します。

ピレ門のバス停   ( old city )
old city 城壁の中
old city 城壁の中

  バスはピレー門(旧市街)に停車した後、北西2.5kmの終点Gruz(グルージュ)のバスステーションに向かいます。ここからは長距離バスが発着しています。

グルージュのバスターミナル

 ドゥブロヴニクから空港への行き方

空港行きのバスの発車時刻は毎日同じではありません。出発時刻は2日前に公表されます。HPで確認できる他、バスターミナルや宿泊ホテルで確認しておくことが大切です。

バスステーションに掲示された空港行きの時刻表(出発2日前に公表)

空港行きのバスは、バスターミナル、ダウンタウン(Grawe building)、ケーブル乗り場(旧市街隣のCable Car)に止まります。行きに停車した旧市街のピレ門には停車しませんので気をつけてください。

 ドゥブロヴニク市内の移動
  宿泊ホテルへから旧市街への移動、ダウンタウンや郊外に行く際にも市内バスが大変便利、上手く使って行動範囲を広げてみましょう!

ドゥブロヴニク・カード 2枚組み 左がバスチケット、右が城壁などの入場券

市内バス利用には旅行者向けのドゥブロヴニクカードがインフォメーション、ホテルで販売されています。
このカードがあれば城壁・博物館などに入場できる他、1日券(150Kn)では無制限に、3日券(200Kn)では10回、1週間券(250Kn)では20回バスに乗車出来ます。

バス路線図
案内図

  市内バスは乗車する際に運転手横のカード読取機にカードを差し込んで乗車、バスは日本のバスより大きくバリアフリーで乗りやすく快適です。

市内バス  旧市街、ピレー門のバス停

 

市内バス車内の様子

  ドゥブロヴニクは旧市街だけでなくダウンタウン、周辺の海岸、港、郊外に沢山の美しい風景を発見することが出来ます。

ドゥブロブニク郊外(Rijeka)2つの教会と内海

 

市内バスを大いに活用して思い出となる楽しい旅を!